安心で充実した入院環境

理学療法士

身体の疼痛緩和を行い、座る、立つ、歩くなどの基本動作能力の回復を図る運動療法を中心としたリハビリテーションを指導しています。

作業療法士

日常生活動作や余暇活動の指導を通じて、寝たきり予防や認知症の進行予防を目指し、楽しみの場となるようなリハビリテーションを提供します。

言語聴覚士

より良いコミュニケーションを行うための指導や、食べ物の飲み込みが困難、むせるなどの摂食、嚥下障害に対して指導を行います。

医療療養病棟

主として長期にわたり療養を必要とする患者さまにご入院いただくための病床です。

一般病棟 厚生労働大臣が定める重度の障害者(重度の意識障害者を含む)等にご入院いただくための病床です。
地域一般病床
地域包括ケア病床
急性期症状の治療・検査が必要な患者さまにご入院いただくための病床です。
急性期治療を経過した患者及び在宅において療養を行っている患者さま等の受け入れ並びに患者さまの在宅復帰支援等を行う機能を有した病床です。
介護医療院 必要な医療や日常生活の支援を行う介護と医療の両方を行う事を目的にした施設です。

高齢期におけるリハビリテーションの加療に

力を入れて対応をしています

ご本人さまの状況に合わせたご入院のご相談を承っております。

入院診療のご案内はこちら

質の高いリハビリテーション

患者さまのQOL向上につながるリハビリテーションを提供

脳卒中やパーキンソン病などの脳血管・神経障害、骨折や変形性疾患などの運動器疾患、加齢による体力低下など、患者さまに必要な筋力トレーニングや歩行訓練を行う運動療法、作業活動、レクレーション活動などを通して、日常生活動作能力の改善を図り、患者さまのQOL(生活の質)の向上に努めています。

また、言語聴覚士による円滑な言語コミュニケーションや食事の訓練指導などを実施。新設された地域包括ケア病棟では、入院生活そのものがリハビリテーションとなり患者さまの役に立つように、起床から就寝までの入院生活の中で、退院後の在宅や施設での生活をイメージしながらリハビリテーションを提供しています。

スタッフ間の情報共有を行い、多職種協働で連携を密にしながら訓練指導を進めるなど、きめ細やかなサポート体制を構築していきます。

大切にしているのは患者さまに触れること

当院のリハビリテーションで大切にしているのは、患者さまに触れることです。治療機器だけに頼ることなく、患者さまと丁寧に会話していく中で、患者さまの病気を理解し、患者さまの気持ちを尊重しながらリハビリテーションを進めています。

マニュアル通りではなく、痛みや不安がある場合はその痛みや不安を和らげることから始めるなど、患者さまやご家族さまの笑顔を支えるために、一人ひとりに応じたリハビリテーションを理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が実施しています。

close